はろばろblog

2006年6月5日(月) 23:00

あがた祭りの露店

今日は毎年恒例、あがた祭り。朝から宇治橋通り商店街近辺は人通りが多くなるのと、車が渋滞することが予想されるので、自動車を利用は避け、過ごす。

私は、夕方からあがた祭りに顔を出した。待ちあわせ場所がJR宇治駅。改札口前で待ち合わせしていたのだけれども、人が多い。改札より中は、電車が宇治駅に着いたとき以外はすいている。たまたま定期ICOCAを持っていたので、改札の中で待つ。

改札フロアにある窓から、宇治橋通り商店街を見ると、人だらけ。露店もたくさん並んでいる。宇治駅前も人でいっぱいだ。そんなこんなで30分ほど待っていると、待ち合わせ相手が到着、JR宇治駅前から宇治橋通り商店街に入り、あがた通りを通って、あがた神社、本町通りを通って、またもう1周、そして、19時30分にJR宇治駅に着く予定でいる。ちなみに宇治橋通り商店街に入ったのが、17時30分。予定よりも遅い出発となったので、1周目が終わり、京都銀行前辺りで引き返さなければ、流れが止まって、身動きがとれなくなってしまう可能性もある。1周目は、ちらちらと、どこにどんな露店があるのかを何かを露店で買って、食べながら移動する予定だ。2周目は、目をつけておいた露店で買って食べる予定。食べることばっかりだ。

そしてまず、りんご飴を食べる。私はみかん飴を買う。何でも一緒にいる相棒がりんご飴を食べたことがないらしい。私の買ったみかん飴はひとなめもしないうちに、割りばしからすぐにとれてしまう。仕方がないので、みかん飴丸ごと口の中にほおばる。かめない、なめられない。しばらくしんどい目に遭う。りんご飴はぺろぺろなめていたようで、食べ終わっていたのが、あがた通りを歩いているときだった。

京都銀行前辺りで、高校時代、一緒に生徒会をしていた子に出会う。しかし、あちらは気づいていない。しばらく近くを歩いているので、いつか気づくだろうと食べ物を探す。宇治橋が近くなったところで、フランクフルトを買う。店の前でほおばっていると、先ほど会った友だちがこちらに気づく。

本町通りで、またも先ほどと違う、一緒に生徒会をしていた子と出会う。今日は1日に数万人の人たちがこのあがた祭りに来ているというのに、よく会う。瓶に入ったラムネを買い、カランコロンと音を立てながら、歩く。途中、フライドポテトの入れ放題の店があり、そこでフライドポテトを調達。入れている途中、お店の売り子さんのひとりが帰ってきて、「お兄ちゃん、遠慮しんと、もっとがばーって入れたらいいがなー」という。しかし、もう袋の中には入らないくらい入れている。「こうやって上にものせたらいいがなー」としばらくアドバイスを受ける。

2周目に入ろうとするところで、もう19時だ。最後にかき氷を食べたいということで、店を探す。しかし、私の計算はくるいだした。予想より、早く身動きがとれなくなってしまった。中村藤吉本店前である。仕方がないので、宇治橋まで抜ける。途中、かき氷を購入し、バクバク食べる。頭が痛い。

その後、家に帰る。家に帰るなり、疲れがどーっと出てきた。はぁぁーはぁぁー

あがた祭りの様子

written by naru [管理人の日常] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

はろばろblog

MySketch 2.7.3 written by 夕雨